群発性頭痛

群発性頭痛とは、一旦起こると
連日のように続く頭痛の事で、

片側の目の奥が激しく痛みだしたり、
頭をかき回されるような
激しい痛みといった症状があり、

特徴は激痛だと言えます。



原因は不明なのですが、
痛みは深夜などの決まった時間に起こりやすく、
一度頭痛が起きると、

2〜3週間は毎日のように起こると
いった症状があげられます。



偏頭痛と症状が非常に似ており、
偏頭痛同様の血管性頭痛であると言われています。



偏頭痛と異なる点は、群発性頭痛の場合は
赤面したり、結膜の充血、瞳孔の縮小などが挙げられます。



また偏頭痛は女性に多いと言われていますが、
群発性頭痛は主に20〜30歳代の男性に多く、
発症率は女性の5倍以上であると言われています。



男性が女性よりも比較的に
飲酒やタバコが多いのが原因では
ないかとも言われていますが、
因果関係ははっきりとはしていません。



しかし群発性頭痛の発症時には、
飲酒や喫煙は控えた方が良いでしょう。


スポンサード リンク

頭痛は原因や痛みに関する情報も様々で、
人によって違ってくるものであるとも言えます。

スポンサード リンク