頭痛とは

頭痛とはその名の通りで
頭が痛くなる事を言います。



しかし外部的な痛みではなく、
頭部に感じる痛みの内で表面痛でないものです。



頭痛は誰でも経験するほどの
ありふれた症状とも言えるのですが、

それなのに原因が分からない
頭痛が多いことが現状です。



ただ意味もなく頭痛が起こるとは
考えにくいのですが、頭部に疾患等もなく、

異常がなくても頭痛が
起こっている方は少なくありません。



原因や痛みに関する情報も様々で、
人によって違ってくるものであるとも言えます。



なかなか治らない方も多いでしょうが、
まずは頭痛について学んでいきましょう。


スポンサード リンク

頭痛の原因

頭痛の原因は沢山ありますが、
代表とされる例をいつくか挙げてみます。




・血管拡張

片頭痛などの頭痛がこれにあたると言われています。
三叉神経血管説という考え方がなされています。
逆の血管収縮による頭痛は無いと言われています。




・緊張やストレス

筋緊張性頭痛がこれにあたると言われています。
ストレスから筋収縮が起こり、頭痛が発症します。
その頭痛から更にストレスを感じる事で悪循環に陥るのです。
肩こりからくる頭痛も、この筋緊張性頭痛であると言われています。




・関連痛

関連痛とは、他の疾患等での痛みが原因となる頭痛をいいます。
例えば歯痛から関連した頭痛や、耳・鼻などの
疾患による痛みが引き起こす頭痛です。




・牽引性

頭蓋内の痛覚感受組織がひっぱられたり
圧迫されて起こる頭痛です。
脳腫瘍、頭蓋内血腫、低髄液圧症候群などがこれにあたり、
生命に危険が生じる場合が多いです。




・炎症性

痛覚閾値の低下のために頭痛が発症する場合で、
髄膜炎やクモ膜下出血などの
髄膜刺激症状のひとつとして起きる場合です。




・神経痛

頭部の神経痛と言われており、頭部を支配する
感覚神経の三叉神経や上部頸髄神経が
引き起こす神経痛の症状です。




まずはあなたの頭痛の原因がどれに近いのかを
知っておく必要があるのではないでしょうか。


スポンサード リンク

頭痛は原因や痛みに関する情報も様々で、
人によって違ってくるものであるとも言えます。

スポンサード リンク